ぐっすり眠ってすっきり起きる睡眠環境の整え型と睡眠基礎知識6つ

枕 睡眠

質の高い豊かな睡眠のためには、どのように睡眠環境を整えると良いでしょうか。

首と腰の隙間を埋める枕&マットレス選びがカギ

最近は、睡眠の質も大事、というニュースや記事、テレビ番組などで紹介されたこともあり、寝具が自分にあっているか、こだわる人も増えてきました。

やっぱり大事なのは身体を支えるマットレスと枕選びです。

ベッドに横になって、首の隙間を枕で埋めて、腰の隙間をマットレスで埋めます。

そうすると頭の先から足の先までのラインが立っている時と同じような状態になりますが、これを意識して選びます。

首や腰のカーブや体重などによって、人それぞれ違います。

一般に高すぎる枕を使っている人が圧倒的に多いです。

値段じゃないですよ。

枕の高さです。

枕が高いと、首や肩のコリ、首のシワや二重あご、いびき、ほうれい線などの原因になります。

猫背の人は少しストレッチしてから、身体のじょうたいを正して、枕選びをしましょう。

身体に合った枕を選んだ後は、マットレスです。

腰にも自然なアーチができ、正しいマットレスを選ぶ準備ができる状態です。

一般的にスリムな人や反り腰気味のhチオは、柔らかめのマットレスを。

選択に迷ったときは、硬い方を選びましょう。

合わない時は、タオルなどで調整できます。

よりよい睡眠を得るために知っておきたい6つのこと

1.湿度や温度は、どのくらいに設定すれば良い?

季節にもよりますが、布団の中の状態として湿度50%、温度は33度ぐらいが快適です。

この温度を目指して、室温を整えましょう。

これから寒くなる季節なら、寝る前に湯たんぽで温めて寝る時は、外すぐらいがちょうど良い湿度、温度です。
また、寝室は花粉やダニ、カビも多いので、空気清浄機を取り入れましょう。

2.真っ暗の部屋ではなかなか寝れないときに導入したいもの

睡眠中は、暗いほどメラトニンが分泌されるので、美容にも、心身の健康のためにも、車高して真っ暗な状態で寝ましょう。

でも、真っ暗になると、ちょっと不安でなかなか眠れない人も多いです。

そういうときは、フットライトなど、足元に柔らかい光を灯しておくと良いですよ。

トップライトの豆電球など、たとえ眩しくない明かりでも、目に直接光が入る照明は避けましょう。

3.アラーム音でビクッと目覚めるのは、辞めましょう。

ソフトな音がおすすめです。

ソフトの音だと、気持ちよく目覚められますよね。

フローテンポな音源から徐々にアップテンポな音楽に変わるような感じがベストです。
また、カーテンの電動開閉と連動した目覚ましや、タイマー付きの照明など、音だけでなく、光の力も取り入れましょう。

無理なく起きれますよ。

4.旅先の慣れないベッドで上手く寝れない時は

旅行の1日目は、能が警戒モードになっているんで、眠りにくいのが普通です。

あまり気にしても仕方ありません。

パジャマを持っていく人はいないと思いますが、レッグウォーターや入浴剤、めぐりズムのホットアイマスク、サプリメントのグリナなどを持っていきましょう。

5.布団やマットレスも洗った方が良い?

睡眠中、実は大量に汗をかいています。

布団の中は、高温多湿で、ダニが好きな状態です。

こまめに、布団クリーナーで掃除したり、布団乾燥機を使いましょう。

天日干しもおすすめです。

また、シーツやカバーも週に1度できれば交換したいですね。

6.日中、眠気に襲われます。そんな時の対処法は?

睡眠不足の人も多いですよね。

また、なかなか寝れない人、睡眠の質が浅い人も。

そういう人には、お昼寝をしっかりしましょう。

昼下がりの15分が大事で、これだけで活動量が一気に増えて、1日良いサイクルが作れます。

オフィス街ですと、ショートスパなどがおすすめ。

カフェインの覚醒作用は20?30分後ぐらいに出てくるので、コーヒーを飲んでから寝るとし

コメント

タイトルとURLをコピーしました